KAMMY'S HOMEPAGE 写真館(livedoor移行中)

KAMMY'S HOMEPAGE 写真館(移行・暫定運用中)100 万HIT御礼(2013/5/24)。 人気blogランキングへの投票お願いします。

タグ:Vチャレンジリーグ

2
ブログネタ
Vチャレンジリーグ女子 に参加中!
 ・・・いい話と悪い話があって。
 どっち書こうかと思ったが、前記事のフォロー?的な記事を書いておく必要があるかと。
141114
<ベルフィーユ>譲渡無効 姫路のVリーグ参戦取り消し
 日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ機構)は10日、女子で2部相当のチャレンジリーグに所属していた仙台ベルフィーユからクラブチームの姫路へのチーム譲渡が無効になったと発表した。姫路の2017〜18年シーズンからの同リーグ参戦は取り消される。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1
ブログネタ
Vチャレンジリーグ女子 に参加中!
141114

仙台ベルフィーユへの退社勧告について(Vリーグ)
一般社団法人日本バレーボールリーグ機構(以下、Vリーグ機構)では、6月21日に開催されました臨時理事会におきまして、Vリーグ機構加盟チームで2016/17シーズンまでV・チャレンジリーグ欺子に所属しております『仙台ベルフィーユ』(NPO法人仙台ベルフィーユ:宮城県仙台市)へ、 Vリーグ機構からの退社を勧告することになりましたので報告致します。
仙台ベルフィーユは財務状況の悪化から継続的な活動が困難となり、Vリーグ機構は予てより同チームならびに運営法人関係者との面談、協議を重ねて参りました。5月24日のVリーグ機構理事会にて審議となり、同チームに改善の要望と改善計画の提出を求めました。その後、関係者のご尽力もありましたが、6月12日のVリーグ機構理事会による決議にて、同チームに対してVリーグ機構からの退社勧告を行い、一定の猶予期間を設け、財務状況の改善に向けた説明を求めましたが、その勧告を覆す判断材料がなかったため、前回理事会での決定を維持することとなりました。
仙台ベルフィーユに関わる全ての皆さまに感謝申し上げるとともに、これまでの同チームのVリーグ機構への貢献に感謝致します。
またこの度の勧告に伴い、仙台ベルフィーユは、2017V・サマーリーグ女子東部大会へ不出場となることが決定致しましたので、併せて報告致します。

■Vリーグ機構代表理事会長・嶋岡健治コメント
「数年前より、チームの財務状況について、チームと協議・指導を続けて参りましたが、チームが抱える負債の解消と経営状況の改善が見込めるだけの客観的な判断材料を見出すことができず、今回、非常に残念な結果となってしまいました。スーパーリーグの開幕を来年に控えたこの時期に、このような決定をしなければならないことは、仙台ベルフィーユを応援してくださっている皆さまに申し訳なく思います。今後は各チームと連携してチームの経営体制の強化に努めて参ります。まずは仙台ベルフィーユの選手たちが希望する進路に進んでいけるようにVリーグ機構として最大限努力して参ります」続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
ブログネタ
Vチャレンジリーグ女子 に参加中!
 で、前回の記事から、いろいろとベルフィーユで動きがあった。

 時系列でざっと書くと。

6/12(月)7/7−9にひたちなかで開催される、サマーリーグの組合せが発表された。詳細こちら。仙台ベルフィーユは、デンソーエアリービーズ、プレステージインターナショナルアランマーレと同組。
 なお、参加が噂されていた、ヴィクトリーナ姫路の名前はなし。

6/13(火)仙台ベルフィーユの公式サイト bellefille.jp が落ちる。
 恐らくだが、契約切れ?
 なお、アメブロの「ベルトピ」と同様、4月以降は更新が行われていない(ベルトピは落ちていない)。
(FBページのカバー写真は週1くらいのペースで変更されている)続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
ブログネタ
Vチャレンジリーグ女子 に参加中!
 今日は諸事情(謎)で宮城球場は欠場。

 バレーボールのVリーグ。これが、プロ化するとかしないとかいう話であーだこーだなっているが、結局、とりあえづのプロ化は断念した模様。

Vリーグ、プロ化推進を断念 参加希望チームがゼロ
 日本バレーボールリーグ(Vリーグ)機構が2018年の発足を目指したプロ化を推進する「スーパーリーグ構想」が計画通りに実現しないことが24日までにわかった。同機構は当初、6チーム以上が参加希望を表明すれば、新リーグの実行準備委員会を立ち上げる計画だったが、参入を表明するチームが男女ともなかった。Vリーグは今後、最高峰のプレミアリーグを、男子はチーム数を現状の8から10、女子は8から12に増やし、「スーパーリーグ」の名称で継続する。詳細を31日に発表する。
 Vリーグ機構は昨年9月、各チームの法人化やホーム・アンド・アウェー方式の導入などを条件に「スーパーリーグ構想」を掲げた。しかし、複数のチームが、参入に二の足を踏むチームに配慮して「リーグが分裂することなく、新リーグに移行すべきだ」と反対意見を出した。
 Vリーグは94年、プロ化を掲げて日本リーグを再編して発足。98年の完全プロ化を目指したが、頓挫した経緯がある。現在は、男子の新日鉄が堺ブレイザーズとなるなど、チーム名から企業名を外し、運営会社が独立採算を目指すチームも出てきたが、グループ企業の一体感や福利厚生に主眼を置いた旧来の企業スポーツの活動で成り立つチームも多い。関係者によると「Jリーグなどの影響で理解を示す企業もあったが、機構側はチームに決断を迫れなかった」という。(5/25,朝日)

 ・・・まー、しゃーないというかなんというか。。。

 ただ、プレミアリーグを12に拡大、ということは、現在の8チーム+チャレンジの上位4チームだから、うまくいけば(昨年度チャレンジ4位の)仙台ベルフィーユにもチャンスがある?と思ったら・・・
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
ブログネタ
Vチャレンジリーグ女子 に参加中!
 さて、よいよ今週末はJリーグ開幕。
 一方、冬のインドアスポーツの主力は仙台89ERSだが、現在苦戦中で、18チーム中16位。残留プレーオフ圏内にいるわけで。

 それ以上にやばいのが、仙台ベルフィーユ。
141114
 ベルフィーユは過去4年、6位→6位→6位→4位ときたが、おととしまでは降格の心配がなかった。しかし去年からV・チャレンジリーグが1部と2部に分かれたため、チャレンジ2への降格の可能性ががが。。。

 で、残り2試合でのV・チャレンジ1の順位は以下の通り。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ