KAMMY'S HOMEPAGE 写真館(livedoor移行中)

KAMMY'S HOMEPAGE 写真館(移行・暫定運用中)100 万HIT御礼(2013/5/24)。 人気blogランキングへの投票お願いします。

タグ:高校野球

3
ブログネタ
高校野球 に参加中!
 怒涛?の3連休もしまい。

 とりあえづ、一日一記事にするということで、今日の午前中の試合から。


 今日は、朝7時半に東村山を出て、高田馬場→新宿→横浜、そしてそこからバスで20分揺られて保土ヶ谷へ。

230924094408670230924100114647230924110224981 木曜の記事で書いた、保土ヶ谷球場。


 夏の高校野球、全国制覇を果たした慶應義塾高校が、秋季神奈川県大会準々決勝で、桐光(とうこう)学園を迎え撃つ。桐光といえば、松井裕樹。

 すっかり秋風に。。。

〇令和5年秋季関東地区高校野球神奈川大会準々決勝 慶応義塾高等学校vs桐光学園高等学校 2023年9月24日(日)9時59分 サーティフォー保土ヶ谷球場 晴 球審:飯田 5000人(目測) 2時間32分

桐光 000 000 301=4 H9 E2
慶應 000 000 000=0 H3 E0続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1
ブログネタ
高校野球 に参加中!
 甲子園の決勝。本日、14時試合開始。


◎第105回全国高校野球記念大会決勝 仙台育英学園高等学校(宮城)vs慶應義塾高等学校(神奈川) 2023年8月23日(火)14時 阪神甲子園球場 晴 球審:山口 42100人(チケット完売・今大会最高動員) 2時間50分

慶應義塾 210 050 000=8 H13 E4
仙台育英 011 000 000=2 H7 E2
(慶應義塾は107年ぶり2度目の優勝)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
ブログネタ
高校野球 に参加中!
 明日は、甲子園の決勝。仙台育英vs慶應(神奈川)。

 休養日を挟むことにより、盛り上がりが増している、という感じもするが。。。


 首都圏のマスコミは、総じて慶應贔屓。
 櫻井翔(慶應OB)のやってるNEWS ZEROはまぁ仕方ないとしても、その他がねぇ。。。

「両チーム、同じくとりあげろよ」朝の情報番組、高校野球報道は慶応寄り…!?ネットでは賛否(中日スポーツ) テレビ朝日・モーニングショーでは、玉川徹先輩(俺の、高校の)が苦言を呈していたけど。

 決勝のチケットは、今日午前10時に発売され、即日完売。
 仙台発のバスツアー(前日21時発→翌日朝凱仙)は、45Kらしい。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1
ブログネタ
高校野球 に参加中!
 全国高校野球選手権(いわゆる、甲子園)は、明日が準決勝(今日は休養日)。仙台育英vs上村、いや違った神村学園、慶應義塾vs土浦日大。
 しかし、宮城県では来年のセンバツに向けた、秋季大会が開幕している。
(ちなみに、土浦日大は8/22が地区大会の緒戦らしい。。。仙台育英は緒戦が8/27だったかな。県大会出場は決定している)

 仙台二高の緒戦の相手は、宮城工高。
 そういや、宮城工高は今年の春季地区大会でも当たり、1勝1敗だったw

 それにしても、宮城工のユニフォームちゃんと見るのは初めてか?
 2020年秋の記事だと、グレーで胸に「KENKO」のロゴなんだが、ニューヨークヤンキーズよろしく、縦じまのユニで、ロゴがTM。東京メッツかよw


◎秋季東北地区高校野球宮城県大会第17回中部地区大会1回戦 A7 宮城県仙台第二高等学校vs宮城県工業高等学校 2023年8月20日(日)11時32分 仙台市民球場 晴 球審:鴇田 100人(目測) 1時間52分

仙台二 000 200 000=2 H6 E1
宮城工 200 120 00X=5 H8 E0
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
ブログネタ
高校野球 に参加中!
 高校野球宮城大会は、7/23(日)に、県営宮城球場で決勝が行われ、仙台育英が18−0で仙台城南を破り、2年連続30度目の選手権大会出場を決めた。

 決勝を宮城球場でやったのって、・・・いつ以来だ?後述の2010年は宮城球場だったけども、天然芝になってからはあまり記憶がない。石巻の方が多かったかも。
 少なくとも、去年とかおととしは違ったような。。。

 まぁ、城南は、エースが準決勝の利府戦、143球完投(1失点)だったので、決勝では投げられず。結局、エースを複数枚用意しないと、勝ちあがれないのか。。。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ