ブログネタ
スポーツなんでも に参加中!
シェルコムせんだい>14年間、開かずの屋根 売りだったはずの開放感は封印続く?

 仙台市が所有する開閉式ドーム「シェルコムせんだい」(仙台市泉区)で14年間、屋根を開けて使用された実績がないことが23日、分かった。開閉の手間や強風が敬遠されたためだという。シェルコムは市が総事業費約117億円を投じて整備したが、開閉機能は結果的に無駄となっている。
 シェルコムは2000年に開場。屋根の開閉は、野球の外野部分の上の屋根が旋回してスライドする仕組みだ。
 市スポーツ振興課によると、屋根を開けての使用は03年までに計約20回あっただけ。開閉時の電気料は約260円と比較的安く、開閉のための特別料金は設定していない。続きを読む