ブログネタ
ベガルタ仙台(Part2) に参加中!
 それは、今朝の日刊スポーツだけが報じていた。

[ニッカン]仙台アーノルド監督解任、後任渡辺ヘッド
 仙台がグラハム・アーノルド監督(50)を解任することが8日、分かった。9日に正式発表される。後任には渡辺晋ヘッドコーチ(40)が昇格する。
 アーノルド監督は、昨年まで6年間チームを指揮しU−21日本代表監督に転じた手倉森前監督の後を受けて就任。オーストラリア代表監督、同U−23代表監督として北京五輪出場を果たすなど豊富な指導経験で、昨年13位に低迷したチームの立て直しを期待された。しかし、新たに採用した1トップシステムが機能せず、守備も崩壊。リーグ戦6試合、ナビスコ杯2試合を消化して3分け5敗と未勝利が続いていた。
 渡辺ヘッドは現役時はDF。桐蔭学園(神奈川)から駒大を経て96年に札幌入団。甲府、仙台でプレーして04年に引退した。下部組織の指導者から08年にトップチームのコーチに就任。今年、S級ライセンスを取得している。

 しかも、昼に入ったkanakoのスープカレー屋さんで読んだ日刊スポーツには、版が早かったからなのか、記事はなし(仙台駅で見かけた、一面がユーキリス(確か)の日刊には出ていたらしい)。

 で、今日の午前中に、アーノルド監督の「退任」と、渡邊晋監督の就任が発表された。
 向こうの報道を見ると・・・
続きを読む