ブログネタ
第104回全国高校野球選手権大会(予選・本大会ー甲子園球場) に参加中!
 全国高校野球選手権宮城大会決勝は、7月27日(水)、石巻市民球場で行われ、仙台育英学園高が、2年ぶり(代替大会含)の優勝を果たした。

聖和学園 001 000 000=1 H6 E0
仙台育英 010 100 10X=3 H9 E0

 仙台育英は、2大会ぶり29度目の高校野球選手権(甲子園)出場。

参考・仙台育英スタメン(球歴.com)
一 住石孝雄⊆鯏S
遊 山田脩也∪臑翕貮S
二 秋元響 9袷粟三S
右 齋藤陽 東北楽天S
捕 尾形樹人南仙台B
左 遠藤太胡新庄S
三 森蔵人 仙台南S
投 盒襟蟲南仙台B
中 橋本航河府中広島2000
 ここ十年くらいの宮城大会の状況は、育英・東北の「二大政党制」というよりは、育英の「一党独裁」政権、という感じだった。毎年、東北は育英と当たる前に、どこかで「やらかす」という感じで。
 今年の大会は、秋・春を見る限り、東北には例年の「やらかし癖」が見られない。今年は決勝で二大政党の決戦か、と見ていたら、準々決勝で、東北が聖和にまさかの7回コールド「負け」。。。って、よくよく話を聞いてみると、東北は部員がコロナ感染で、ベンチ入り選手を入れ替えての試合だったが、その結果が聖和に及ばなかった、という。
 いやちょっと待てよ。東北は3回戦(vs東北生活文化大高)が、相手のコロナによる棄権で勝利している。選手を入れ替えての試合ってあり、なのか?
 と思っていたら、準決勝で、仙台育英と対戦予定だった仙台南が、コロナ感染により出場辞退、とな。をいをい、選手入替とかしないのかよ、と思っていたが、仙台南の校長のコメントで、「出場できない選手がいるのに試合をするのもどうかと」みたいな言い方をしていたので、なるほど、そういう考え方もあるんだな、と。


 ちなみに、この大会は、(他の都道府県、というか、甲子園も同じようになるんだろうけど)吹奏楽の使用は可(宮城大会でのテープ応援の可否は不明)、観客(控え部員含)の発声は不可っぽくて。準決勝の古川学園、あと仙台育英もブラバン投入していた。育英が、青葉城恋唄(ファンファーレ)とか、メリーポピンズとかやってたのには驚いたが。

 あと、地上波での放送は、KHB,NHK(テレビ、ラジオ)ともに、準決勝以降のみ。ただし、KHBでは1回戦からネット配信(実況なし、球場音声のみ)を行っている。


 というわけで、仙台育英の甲子園での検討、いや健闘に期待するとともに、秋季地区大会が観戦可能になることを望む。



人気blogランキングへの投票お願いします。7/26現在27位(+1)。週間IN14(+2) 週間OUT34(−4) 月間IN56(+2)
livedoorblog共通テーマ:第104回全国高校野球選手権大会(予選・本大会ー甲子園球場)
にほんブログ村:高校野球
にほんブログ村 トラコミュ 夏の高校野球へ
夏の高校野球