ブログネタ
選挙 に参加中!
 任期満了に伴う宮城県の利府町長選は6日投票が行われ、即日開票の結果、無所属現職の熊谷大(ゆたか)氏(46)が、無所属新人の元衆院議員加納三代氏(45)を大差で破り、再選を果たした。

 午後10時前、同町利府の事務所に当選確実の一報が届くと、支援者らから大きな拍手が沸いた。熊谷氏は「町民の皆さんに真摯(しんし)に向き合い、この町をより良くより豊かにしていく」と決意を述べた。

 選挙戦では一貫して、市制移行を目指すと強調。小中学校の給食費無償化、町文化センター「リフノス」の第2期事業の推進、企業誘致なども訴え、町の継続的な発展を目指す町制運営が支持を集めた。

 加納氏は市制移行の目標を批判。町制維持を主張し、争点化しようとした。しかし、告示4日前の立候補表明とあって、知名度や立候補した理由などが町民に浸透しなかった。

 当日の有権者数は2万9394人。投票率は前回を10.43ポイント下回り、過去最低の35.26%だった。
◇利府町長選開票結果(選管最終)
熊谷  大 8673 無現
加納 三代 1528 無新

実感可能な発展の成果を
 【解説】現新の選挙戦となった利府町長選は現職の熊谷大氏が7000票余の大差で制した。今回は事実上の信任投票だった。町民は熊谷氏が示した、町のさらなる発展と成長を目指す姿勢を評価した。

 将来の市制移行を目標に掲げた。「突拍子もない」と批判も受けたが、野心的なスローガンは町のイメージアップに貢献。1期4年で力を入れたシティーセールスの効果もあり、町内外に成長著しい町との印象を与えることに成功した。

 ただ、市制移行の人口要件5万に対し、人口は約3万6000。約30年間で倍増したが、直近10年間は横ばいで推移している。東北最大級の商業施設など商圏は拡大するものの、成長ではなく成熟が実情だ。市制移行の達成時期を明言できていないことがその証左でもある。

 現状では、市制移行は現実的な「目的」ではなく、目指すことで継続的な発展を遂げるための「手段」と言えよう。今後は宅地開発や企業誘致などを実現し、発展を「演出」した効果を実感してもらえるかが鍵となる。

 過疎化の進む東部沿岸部の振興、町文化交流センター「リフノス」の第2期事業、1期目に実現できなかった小中学校の給食費無償化など宿題は多い。腰を据えて取り組める2期目は、目に見える成果が求められる。(河北)


 まぁ、とりあえづは一安心。

DSC_4246DSC_4247DSC_4221 加納候補も、供託金没収とはならなかったっぽい。


 ちなみにポスターの写真だが。。。仙台市長選挙のときのポスターと比較してみてほしいw(仙台市長選挙のときは、一番下に「NEVER GIVE UP SENDAI」と書いてあるが、今回はその部分は外れているwww


 あと、選挙カーの声、家にいた限りは全然聞こえなかったwww



人気blogランキングへの投票お願いします。2/7現在27位(+1)。週間IN12(−2) 週間OUT44(−2) 月間IN58(−2)
livedoor blog:選挙
にほんブログ村:選挙

<追記>敗戦の弁(加納みよ)
コロナに感染し、眠っていたところで開票結果をみました。
2月3日以降、遊説ができなかったのがとても残念でした。
(中略)
利府町は、県議選の枠が一つ増えます。