ブログネタ
3.11 東日本大震災について話そう に参加中!
 今日は県庁に行く用事が昼休みにあって。県庁では喧嘩、いや献花とか、記帳とか受け付けてたけども、どうも俺はそんながらじゃないから、何もせずにスルー。

 3.11という日付の持つ意味。
 広島にとっての8.6とか、長崎にとっての8.9みたいな意味合いになりつつあるのかな、と・・・

 あ、今年は14時46分。電話応対してたら気づいたら過ぎてました。

 ま、宮城に暮らす、生きていく以上、復興というあれこれに折り合いをつけて生きていかないといけない。例えば、どこどこで災害公営住宅ができたとか、どこどこで土地のかさ上げの日程が決まったとか、そんなニュースが365日流れてくる、それが宮城県。
 東日本大震災の発生から5年となった11日、宮城県内では人々が犠牲者の冥福を静かに祈った。仙台市若林区の校舎が津波で使えなくなった市荒浜小の児童16人は、授業を受けている宮城野区の東宮城野小の体育館で同小児童約170人と朝会に臨み、黙とうした。
 朝会で荒浜小の桜場直志校長は「人間の力では自然災害を防ぐことはできないが、私たちには知恵がある。家の周りの避難所を確認し、防災グッズを用意してほしい。災害への備えを皆さんともっと考えていきたい」と呼び掛けた。
 両校の児童代表が作文を朗読。荒浜小4年庄子ひかりさん(10)は車が津波にのみ込まれた様子を見た5年前を振り返った。「今は新しい家ができて震災のときのようにお風呂に入れない日がなくなりました。支援してくれた人に感謝しています」と話した。
 続いて全員で市教委が作った復興ソング「希望の道」を歌った。
 荒浜小は4階建て校舎が津波で2階まで浸水。児童は移転先の住まいや仮設住宅からスクールバスなどで東宮城野小に通う。児童数が減少したため140年余りの歴史を閉じ、4月に七郷小と統合する。26日に東宮城野小で閉校式を開く。(河北)


人気blogランキングへの投票お願いします。3/11現在38位(+4)。週間IN16 週間OUT10 月間IN94(−4)
3.11 東日本大震災について話そう - livedoor blog
トラックバックピープル:東日本大震災
にほんブログ村 トラコミュ 東日本大震災・・・助け合いへ
東日本大震災・・・助け合い

にほんブログ村 トラコミュ 東日本大震災・・・我々にできることへ
東日本大震災・・・我々にできること