ブログネタ
アイスホッケー に参加中!
 アジアリーグアイスホッケーは、2月28日にレギュラーシーズンが終了し、プレーオフ進出の6チームが確定した。

1位:アニャンハルラ(安養漢拏・韓)114 39勝9敗
2位:サハリン(露)        113 38勝10敗
3位:日本製紙クレインズ(日)    88 29勝19敗
4位:王子イーグルス(日)      86 28勝20敗
5位:東北フリーブレイズ(日)    73 25勝23敗
6位:H.C.栃木日光アイスバックス(日)71 24勝24敗
7位:ハイワン(韓)         45 14勝34敗
8位:デミョンサンム(大明尚武・韓) 36 12勝36敗
9位:チャイナドラゴン(中)     22 7勝41敗
 安養はリーダーズフラッグ(レギュラーシーズン1位)、2年連続4度目。
ベストFW
 サハリン/#95 エリョミン・アレクセイ (初)
 アニャンハルラ/#88 マイク・テストウィード (初)
 アニャンハルラ/#87 チョ ミンホ (初)
  マイクはMVP,最多得点選手賞(ともに初、35得点)受賞。
  エリミョンは最多アシスト選手賞(初、49アシスト)受賞。

ベストDF
 アニャンハルラ/#29 エリック・リーガン (2年連続2回目)
 サハリン/#43 ステパノフ・キリル (初)

ベストGK
 王子イーグルス/#35 小野田 拓人(初)
  小野田はヤングガイ・オブ・ザ・イヤー、最優秀セーブ率GK賞も受賞。

最多ポイント選手賞はハイワン#23 マイケル・スウィフト(2年連続4度目、70ポイント)。
ホッケータウン・イン・アジアは安養市(6年ぶり3度目)。


 個人表彰と順位を見てわかるように、安養とサハリンが「行った行った」の今シーズンであったという印象。
 バックスはトータル勝敗で借金なし・・・っていつ以来?

 で、プレーオフファーストラウンドは3月5日にスタートした(3戦2勝先取)。

・苫小牧白鳥
3/5 1335人 王子 1−3 東北
3/6 1452人 王子 5−7 東北

・釧路丹頂
3/5 1205人 日本製紙 9−2 日光
3/6 1602人 日本製紙 5−3 日光

 というわけで、王子イーグルス、今年もプレーオフで敗退・・・

 プレーオフセミファイナル(5戦3勝制)は3/12(土)よりスタートする。
 安養−東北、サハリン−日本製紙の対戦。



livedoor blog:アイスホッケー
にほんブログ村 その他スポーツブログ アイスホッケーへ
にほんブログ村
トラックバックピープル:アイスホッケー
人気blogランキングへの投票お願いします。3/8現在45位(−3)。週間IN14(−4) 週間OUT10 月間IN100