ブログネタ
野球 に参加中!
 ・・・どう整理すればいいのやら・・・

 確かに、小久保監督の投手起用はあれだが(7回1安打の大谷を最後まで行かせてもよかったんでは、と。結果論だけども)

○第1回WBSCプレミア12 準決勝 2015年11月19日(木)19時1分 東京ドーム 球審:パッティッロ 40258人 3時間50分

韓国 000 000 004=4 H6 E1
日本 000 300 000=3 H6 E0

【韓国】李大恩[3 1/3]、車雨燦[2 2/3]、沈昌[0]、鄭ウラム[1 2/3]、(勝)林昶ミン[1/3]、鄭大[2/3]、S李賢承[1/3]−梁義智[8]、姜鎬[1]
【日本】大谷[7]、則本[1 0/3]、松井裕[0]、増井[1]−嶋
【勝利打点】李大浩(9回逆転タイムリー)
 今日は仕事で、22時に電車に乗ったとき、ちょうど9回表、則本が2イニング目に向かう。先頭打者に安打打たれたときは、まぁまぁと左うちわだったが・・・

 で、帰宅したら逆転されていたとかもうね・・・

 しかも、失点が則本であり松井裕樹、捕手が嶋・・・
 イーグルスぐぬぬ。。。

9回表。投手は8回に続き則本。
1 ヤン ウィジ→代打:オ ジェウォン
2 オ ジェウォン:レフトへのヒットを放つ 1塁
3 キム ジェホ→代打:ソン アソプ
4 ソン アソプ:センターへのヒットで出塁 1,2塁
5 チョン グンウ:0アウト1,2塁の0-1からレフトへタイムリーツーベース! JPN3-1KOR 2,3塁
6 イ ヨンギュ李容圭:デッドボールを受ける 満塁






7 ピッチャー則本に代わって侍ジャパン最年少の松井裕がマウンドにあがる
8 キム ヒョンス:ランナーフルベースの3-1から押し出しのフォアボール JPN3-2KOR 満塁
9 ピッチャー松井裕に代わって球団最多タイのセーブ数を記録した増井がマウンドにあがる
10 イ デホ:0アウト満塁の2-1からレフトへのタイムリーヒットで韓国逆転! JPN3-4KOR 1,2塁
11 1塁イ デホ→代走:ナ ソンボム
12 パク ビョンホ:外角の落ちる球を打つもショートライナー 1アウト
13 ミン ビョンホン:ランナー1,2塁からレフトへのヒット 満塁
14 ファン ジェギュン:低めのフォークを打つもショートフライ 2アウト
15 オ ジェウォン:151キロの真っ直ぐを打つもセンターフライ 3アウトチェンジ


侍J、9回に4点を失い逆転負け 世界一の夢は叶わず…

プレミア12 準決勝
● 侍ジャパン 3 − 4 韓国 ○
<11月19日 東京ドーム>

 侍ジャパンは3点リードの9回に、4点を失い逆転負け。準決勝で敗退した。

 8回から登板した則本昂大(楽天)は1イニング目を無失点に抑えた。しかし、9回二者連続安打で無死一、二塁のピンチを招くと、1番のチョン・グンウにタイムリー二塁打を浴びる。さらに則本は続く、イ・ヨンギュに死球を与え無死満塁となったところで、ベンチは松井裕樹(楽天)にスイッチ。松井は3番キム・ヒョンスに押し出し四球を与え、打者1人で降板。増井浩俊(日本ハム)がマウンドに上がったが、李大浩にレフト線に2点タイムリーを打たれ逆転を許した。

 打線は、韓国先発のイ・デウンを前に3回まで1安打に抑え込まれていたが、4回先頭の中田翔(日本ハム)が四球で出塁すると一死後、中村晃(ソフトバンク)がレフト前ヒットで一、三塁のチャンスを作る。ここで続く平田良介(中日)がレフト前タイムリーを放つと、韓国の守備のミス、坂本勇人(巨人)の犠牲フライで3点を奪った。だが、その後はチャンスを作るも追加点を挙げることができなかった。(ベースボールキング)

 なお、大会は準決勝のもう1試合(アメリカ−メキシコ)が明日20日に行われ、日本は準決勝もう1試合の敗者と3位決定戦を戦う(11/21昼)。

人気blogランキングへの投票お願いします。11/19現在33位(+5)。週間IN22(+4) 週間OUT14(−2) 月間IN82
にほんブログ村 トラコミュ 野球日本代表(サムライジャパン)へ
野球日本代表(サムライジャパン)

野球 - livedoor blog