ブログネタ
パ・リーグ に参加中!
○ ソフトバンク 5−3 西武 ●
<25回戦・福岡ドーム 38500人>

 ソフトバンクは初回、4番・内川聖一のタイムリーで先制。4回には松田宣浩、長谷川勇也の二者連続本塁打でリードを広げると、6回にも2点を加えた。先発した武田翔太は、7回1失点に抑え先発の役割を果たす。武田の後を受けて8回から登板した森唯斗は2点を失ったが、五十嵐亮太、サファテのリレーで逃げ切った。
 これまでパ・リーグ最速での優勝決定日は1964年南海と95年オリックスの9月19日だったが、この記録を2日上回り最速記録を打ち立てた。
 工藤新体制は3・4月こそ13勝11敗2分けと波に乗れなかったが、5月以降は交流戦で最高勝率(12勝6敗)をマークするなど勝ち星を量産し、終わってみればリーグと交流戦制覇の二冠を達成した。
 投手陣では、先発陣の柱として期待された摂津、スタンリッジ、中田らが快調に白星を重ね、4年目の武田が初の2ケタ勝利を挙げブレイク。新加入のバンデンハークや復活した寺原らも白星を量産し、層の厚さを見せつけた。
 中継ぎ陣もサファテ、五十嵐、森らの勝ちパターンを筆頭に、前半戦はバリオス、後半戦は二保が輝きを放つなど充実の陣容。投手陣は本拠地の縮小化に伴いスタッツ低下が懸念されたが、チーム防御率は前年の3.25を下回る3.11(9月16日時点)を叩き出している。
 打撃陣は柳田、内川、李大浩、松田の中軸が強力で、流動的だった1、2番には、中村、明石、川島らが適応。中でも3番柳田は3割、30本塁打、30盗塁のトリプルスリーをほぼ確実にし、球界を代表する選手に成長した。
 工藤監督は就任会見の席で「日本一になったチームで、その地位、強さを継続するのは非常に大変。そこも胸の中にしまいこみ、常に強いチーム、継続できるチームを作りたい」と語っていたが、言葉通りの“常勝ホークス”を創出した。(BASEBALL KING)
 今日の試合の結果で、パシフィックリーグは福岡ソフトバンクホークスの、2年連続17度目のリーグ優勝が決定。
 おめでとうございます。


・・・来年どうなるんだろ・・・

人気blogランキングへの投票お願いします。9/17現在41位(−8)。週間IN18(−2) 週間OUT14(−2) 月間IN90


パ・リーグ- livedoor Blog 共通テーマ
トラックバックピープル:東北楽天ゴールデンイーグルス
にほんブログ村 トラコミュ パ・リーグへ
パ・リーグ

にほんブログ村 トラコミュ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
東北楽天ゴールデンイーグルス

にほんブログ村 トラコミュ 楽天イーグルスへ
楽天イーグルス

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ