ブログネタ
地域リーグ・社会人リーグ に参加中!
 てなわけで、第30回全国地域リーグ決勝大会。このほどグループリーグが終了し、以下の4チームが、決勝ラウンド(12/1−3、大分)進出を決めた。

ファジアーノ岡山 (中国・岡山)
V・ファーレン長崎(九州1・長崎)
FC岐阜     (東海・岐阜)
TDK      (東北・秋田)
 TDKは22年ぶり2度目、他は初の決勝ラウンド進出。

 で、ここで行われた予想大会・・・俺の予想は3つ的中、堂々の優勝!ちなみに、こちらでも、あさい氏とSD氏が同じ予想をしている。

 ちなみに、俺の決勝予想だが・・・普通に考えれば、長崎−岐阜の表裏になりそうだが、意表をついて、俺の予想は、

優勝  TDK
準優勝 FC岐阜
3位  V・ファーレン長崎
4位  ファジアーノ岡山

 TDKを推す理由?勝ち上がりの雰囲気が、1997年(98年1月)第21回大会のソニー仙台を彷彿させるため。

 思い出話は下に書くとして、要はTDKに何か吹っ切れたものがあったのでは?というわけ。
 2位以下はうーん・・・。岐阜を2位にしたのは、二人の吉田さんのため?!一人はおなじみ?鋳造先輩、そしてもう一人が吉田勝利さん。サッカーJ+で読んだが、この方岐阜の事務局やってるんだね。いや、元々この方はグランパスSAで世話に?なってたから。さらには、西濃サポの某氏の復活はある・・・のか?

人気blogランキングへの投票お願いします。11/28現在37位。週間IN170 週間OUT100 月間IN610
livedoor blog:地域リーグ・社会人リーグ
トラックバックピープル:蹴球馬鹿一代
にほんブログ村:サッカー
 ちなみに、上記第21回大会でのソニー仙台は、3年連続でこの大会に出場し、香川紫雲(現・カマタマーレ讃岐)、マツダSC(中国)、札幌大学OB(北海道2位)と、「比較的」楽なブロックに入り、3連勝で初の決勝ラウンド進出、となった。このときのグループリーグは、Jヴィレッジで行われて、初日の香川紫雲戦(5−0)を観戦。但し、大雪のために除雪で試合開始が遅れて、結局16時開始になったっけ。土曜日はマツダSC戦。夕方からのフェンシングの練習(だと思う)に間に合わせるため、スーパーひたちに乗るべくマツダSC戦、後半途中2−2の時点で泣く泣くJ村を離れたっけ(その後、勝ち越しの知らせを受けて狂喜乱舞したものだが)。
 決勝ラウンドは鹿児島・鴨池。S仙台、新潟、横河、教育研究社(現・FC京都BAMB1993)の4チーム。特に、新潟は前年、茨城・石岡でのグループリーグで対戦し、5−0で敗れている(尤も、このときは新潟、プリマハム土浦(現・水戸ホーリーホック)にPKで敗れて涙を呑んだが)。さらには、97年11月16日(あの日だ!)、全国社会人2回戦、S仙台0−3新潟。
 で、蓋を開けると、緒戦は教育研究社に、大雨の中小林のゴールで1−0で勝利。で、土曜には新潟と対戦し、5−3で堂々の勝利!(小林友綱ハットトリック!)日曜の横河戦、0−0からPK戦を4−3で制して、堂々の初優勝、そしてJFL昇格を決めた(ちなみにこの日は、全日本フット猿で有明にいた)。

 まぁ、あの当時は、Jリーグを目指すチームが少なかった(というか、その時点で1999年のJ2参加チームが決まっていたはず。新JFLの設立はまだ決まってなかったかと)から、今と比較するとかなり牧歌的な試合だったな、と。